口臭対策情報サイト

口臭予防には日常のケアが重要

口臭予防を行いたいと思うのは、やはり口臭というものに悩んでいる方なら共通していることであるといえます。

そういう意味では、非常に需要がある予防の方法論ですが、問題となるのはどうすればいいかがわかりにくいことでしょう。特に口臭というものは普通は市販されている道具を使うのがベストだと思われています。しかし、実際には日常におけるケアこそが一番欠かせない要素となっているのです。

例えば口臭の原因といえる病気類で、歯石がたっぷりと固まってついていたり、または虫歯を治療せずに放って置いたり、また歯周病に関してもこれを放置しておくなどすれば、この病気が原因での口臭が発生します。

また糖尿病、蓄膿症、鼻炎など、一見すると関係ないように思える病気もまた口臭の原因となっていますから、これらの病気の治療も最初に集中して取り組むことが重要です。

食後のケアも重要です。実は、歯磨きというものは口腔内にあるゴミ類を掃除するという意味では確かに効率的なのですが、一方で歯磨き粉を使うことによって、口の中の唾液が完全に綺麗に掃除されてしまって、口臭の原因に繋がることがあるのです。

口の中は通常、唾液がたっぷりとある状態であれば中性で保たれています。この中性が臭いに関しては一番少ない状態であり、これこそが理想なのです。一方で、歯磨きをしてしまうことで確かにスッキリはするものの唾液が完全になくなってしまい、口腔内が非常に酸性などに傾きやすくなってしまうのです。

そのため、歯磨きにしても一日に一度くらい歯磨き粉を使う程度に留めて置いて、それ以外のときには水だけで歯磨き粉を使わずに歯を磨くとか、あるいは水を含んで口をすすいだあとに吐き出すなど、つまりはそれほど中性から大きく変更されない、唾液が綺麗には掃除されるわけではない、口臭的に問題にならない程度の利用方法を追求するのがいいのです。

このことからわかるのは、ガムの有用性でしょう。ガムを噛むことで唾液がでて、中性に保たれますから、これもまた口臭予防に効果的です。ガムは味がしなくなりますが、しかし口の中に何か入れておけばそれだけで唾液がでることになるので、ガムを噛む、あるいは口の中に転がしておくだけでも効果があるといえます。