口臭対策情報サイト

HOME >>  口臭 > 自分では気付きにくい口臭

自分では気付きにくい口臭

体の臭いというのは自分ではなかなか気が付きにくいものです。しかし、他人も「臭いますね」とは言いにくいものなので、見て見ぬフリをされることがほとんどです。まずは自分で確かめてみる必要があります。

コミュニケーションで障害になるのが口臭です。いくら会話が上手だとしても、口臭がひどいと相手は会話の内容が頭に入ってきません。早く会話を終わらせたいなと思ってしまいます。

まず、口臭をチェックするには、小さなポリ袋を用意します。穴が開いていないかよく注意して確認してください。そして、歯磨きをしてください。歯磨きができたら自分の息を小さなポリ袋に吐き、全て吐き終えたら息が漏れないようにポリ袋の口をピッタリと閉じます。風船のように膨らんでいるはずです。

次に自分の鼻の前にそのポリ袋を持ってきて口を開いてみます。その時に自分の吐いた息の臭いがします。口臭は誰でもあるものなので、口臭の程度をチェックしてみます。

あまり気にならないようであれば、正常範囲内です。ただし、鼻がつまっている場合は正確な判定ができませんので、鼻がつまっていない時に行う必要があります。明かに臭いと思うようであれば、口臭がヒドイということになります。

口臭がヒドイ原因はいくつかあります。

1つ目は、歯周病です。歯周病は、口の中にある細菌によって起こる感染症です。歯茎から血が出やすかったり、歯茎の色が黒かったり、歯茎が腫れてたりする場合は、歯周病の可能性が高いので、すぐに歯医者さんに行って治療してもらうと口臭は改善されます。

2つ目は、胃炎など内臓疾患によるものです。ストレスが主な原因と言われています。病院に行って治療してもらえれば改善されます。

3つ目は、舌苔です。舌の表面に白い苔のようなものが多いと口臭の原因となります。

規則正しい生活をして咀嚼と会話をたくさん行い舌を使うようにすると改善されます。