口臭対策情報サイト

HOME >>  口臭 > 内臓が原因の可能性もある

内臓が原因の可能性もある

口臭に悩む人が増えています。ドラッグストアなどでは口臭対策のために様々な商品が売られていますが、強力な効果が謳われている物でも実感が得られなかったという方も多いのではないでしょうか。

口臭は口から発生するため歯や口のなかに原因があると考えがちです。口腔の衛生状態が原因の口臭ももちろんあるのですが、もしいくら歯磨きをしっかりしても、マウスウォッシュなどを使用しても口臭が消えないようであれば内臓が原因の口臭を疑ってみる必要があります。

口臭の意外な原因として、胃や肝臓から生じる口臭があります。内臓が原因の口臭は代謝が衰えてくる中年以降に多く発生するといわれ、タバコや歯周病による口臭と同じく強烈で不快なものです。

胃から生じる口臭はいわゆる硫黄臭のような臭いです。胃腸が弱い人は特に要注意。胃に入った食べ物が消化しきれずに発酵し、そこで生じた悪臭が血液を通じて肺に入り口臭となります。

また胃が悪いと唾液の分泌が少なくなるケースもあります。唾液は口腔をアルカリ性に保ち、口臭の原因となる菌の増殖を防ぐ働きをしていますので、唾液の分泌が低下することで一層口臭が強まります。

単に体質であったり、一時的な胃腸の不調の場合もありますが、胃潰瘍の場合も口臭の原因になります。胃潰瘍を引き起こすピロリ菌の除去によって口臭が軽減したというのはよくあるケースです。胃から生じる口臭が気になる方は胃潰瘍も疑ってみた方がよいでしょう。

胃から生じる口臭の対策として有効なことは、なんといっても胃腸の調子を整えることです。野菜と果物をとり、運動をしましょう。

どうしても口臭が消えないという場合はピロリ菌の除去を検討してみることもおすすめです。