口臭対策情報サイト

HOME >>  口臭 > 大きな原因の一つは歯の状態

大きな原因の一つは歯の状態

口臭の大きな原因の一つは歯の状態にあります。一日三回きちんと磨くのはもちろんですが、歯並びなどは人それぞれ、歯の磨き方も一工夫が必要です。歯ブラシを吟味することも歯磨きの改善につながります。

例えば歯の隙間が気になる方は毛先が細く隙間から汚れをかき出してくれるタイプの歯ブラシを選びましょう。歯間ブラシも通常のものと奥歯専用があるので使い分けしましょう。

場合によっては歯ブラシを2本使いすることもオススメです。柔らかめの小さいヘッドタイプで細かい汚れを落とす・硬くてクリーニング効果のあるタイプでしつこい歯垢を落とすといった具合に。

電動歯ブラシを使う際も、ヘッドを吟味する必要があります。いずれにしても歯磨きをサポートしてくれるアイテムを良く選び活用することが大切です。

しかし道具だけでは口臭は押さえられません。なんといっても原因は歯の状態です。まず虫歯の放置はやめましょう。虫歯のままあるいは治療途中で放っておくとそこから耐え難い悪臭が発生します。欠けた歯や詰め物が取れた歯も同様です。歯科への予約が口臭予防の第一歩です。

そして差し歯のある方は要注意です。入れ歯だけではなく、差し歯も横の歯・歯茎との間が磨き切れないことが多いのです。差し歯は取り出して洗浄液につけることもできませんから、前述のように様々なアイテムを試して差し歯の隙間に合ったものを見つけましょう。

磨いた最後にすすぎ液で仕上げすることをお薦めします。良くうがいし、薬液でブラシの届かない部分まで荒い流すのです。

歯科で歯のクリーニングを定期的に行うことも必要です。歯の定期検査は半年に一度はするべきですが、その他に最低2ヶ月に一度クリーニングしてもらいましょう。施術後は歯の色がワントーン明るく見えますし、臭いの元の歯垢が無くなるので口の中がすっきりします。クリーニングはどこの歯科でも普通にやってくれます。

これらのことをすべてやってみて、それでも改善できなければ口臭の原因は他にあると思われます。まずは一つ一つ、臭いの原因を潰していきましょう。悩むのはそれからです。