口臭対策情報サイト

HOME >>  口臭 > なかなか自分では気づきにくい

なかなか自分では気づきにくい

口臭は、男性でも女性でも結構気にしている人が多いと思います。しかしなかなか自分では気づきにくいです。

一般的には、胃の調子が悪かったり、虫歯があったり歯周病だったり、匂いのきつい食事をした後とか口臭の原因になりやすいと言われています。舌にも苔がつきやすく匂いの元になりやすいと言われていますが、これもあまり取りすぎると逆効果になるみたいです。

よく、舌苔を一生懸命取る人がいるけれど、取りすぎてはいけません。舌も痛めますし、少し、苔がついていたほうが匂いがしないそうです。

口臭は、みんな気にしているとは思いますが、若い世代ほど特に気をつけています。食事をした後、口臭を消す商品とかを数多くのメーカーさんとかが出しています。それだけ口臭は、自分自身でも気にしているし、相手にその匂いを悟られたくない心理があるのだと思います。

知人や、友達が口臭がキツくても、なかなか言えないものです。また言われたほうもとても傷つきつくと思うし、人間関係が悪くなったら困るので、他人からはなかなか言えないと思います。

だから、家族がいちばん気づきやすいし、注意することができるので、家族にそういう人がいたらすかさず注意したほうがいいと思います。家族に注意されても、そんなに嫌な気はしないだろうし、かえってよく言ってくれたと、喜ばれると思います。

外で会話をする時は、極力、食事をした後歯磨きをした方がいいと思います。そうすると全然違ってくると思います。

また、口の中に唾液があると、口臭がしにくくなると言われているので、唾液が出る舌の動かし方があるみたいです。口の中がカラカラになると、口臭もしやすくなるので、そういった舌の動かし方をしたり、あるいは水を含ませたり意識的にすれば少しは良くなると思います。